101回目のプロポーズ【動画見放題】お試し無料はコチラ!-FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

『101回目のプロポーズ』…FODプレミアムで動画配信中!

FODプレミアムで配信中の動画


『101回目のプロポーズ』


脚本:野島伸司

出演:浅野温子/武田鉄矢/江口洋介/田中律子/石田ゆり子/浅田美代子/竹内 力/長谷川初範

主題歌:CHAGE&ASKA『SAY YES』

[MV] SAY YES / CHAGE and ASKA
CHAGE and ASKA Official Channel

作品概要

100回目のお見合いで出会った、死んだ婚約者を忘れられない薫(浅野温子)に、フラれてもフラれてもアタックするサエない中年男・達郎(武田鉄矢)の恋を涙と笑いの恋愛を描いたラブストーリー。

出典101回目のプロポーズ - 動画 - FODプレミアム


トレンディドラマの不朽の名作「101回目のプロポーズ」

「101回目のプロポーズ」はトレンディドラマの不朽の名作です。

1991年に制作された民放の連続ドラマであり27年も前の作品ですが、現在見てもまったく古さを感じさせず、特に女性たちの共感を呼ぶ名作となっています。

ヒロインは浅野温子が演じており、そのヒロインに健気に求婚を繰り返す役を武田鉄矢が演じています。

浅野温子とは釣り合わないと決めつける姿に

「101回目のプロポーズ」では、見合いで99回断られた中年男を武田鉄矢が演じ、100回目の見合いの相手となった美女を浅野温子が演じています。

武田鉄矢は大手企業のサラリーマンで収入はそこそこありますが、あまり女性受けするタイプではないためか、結婚願望はあるものの、見合いで断られ続け独身でいます。

浅野温子は無名オーケストラのチェロ奏者で、かつて結婚式の当日に新郎が交通事故死するという不幸に見舞われ、その傷をかかえたままでいます。

浅野温子は当然モテモテで、同じオーケストラ内のバイオリニストからも求愛されています。

気のいい武田鉄矢には、部下の石田ゆり子演じる若いOLが、ひそかに想いを寄せています。

この二人がひょんなことから見合いをすることになったのです。

武田鉄矢は、「世の中にはいい女がいるなあ」と別世界にいる女性のように浅野温子を見ます。

浅野温子は結婚対象としてはまったく見ることなく、ただ一緒にいると楽しい気分になる相手として好感は持ちます。

見合いの後、浅野温子は当然断るつもりでいますが、武田鉄矢がこれまでの自分の不遇さを語る様子に同情し、なぜあなたと私が釣り合わないなんて決めつけるのか!…と一喝します。

懐の広い求婚男に美女の気持ちが…

同情から出たことばでしたが、武田鉄矢はもしやと誤解し、天にも昇るような上機嫌となり、浅野温子は困り果てます。

ヒロインの妹はバイオリニストが好きで、結婚式当日に死んだ新郎のプロポーズのことばを浅野温子に言ってみたらと、事情は一切知らせず武田鉄矢にアドバイスします。

そして彼は、そのアドバイス通りに彼女自身にとって100回目となるプロポーズをおこないます。

彼女は武田鉄矢が事情を知ってそのセリフを言ったと勘違いし、こっぴどい態度で振ってしまいます。

その後、武田鉄矢が事情をまったく知らずに言ったということを知り、浅野温子は激しい呵責を感じるのでした。

そこで武田鉄矢に謝罪の電話をすると、武田鉄矢は浅野温子のとったこっぴどい態度をまったく根に持つことなく、再び上機嫌となり、浅野温子への求愛を再開します。

浅田美代子演じる浅野温子の友人は、浅野温子が武田鉄矢に相当な好意を持っていることを感じ、武田鉄矢に浅野温子は行きずりの男の子供を妊娠している、だから結婚を断っているのだと嘘を言います。

武田鉄矢は子供が生まれたらお金が必要になるからと、夜間工事のアルバイトを始めます。

浅野温子はその姿に感動し、武田鉄矢に愛の告白をします。

婚約破棄をされても静かに想い続ける

その後、浅野温子の目の前に、かつての新郎と姿かたちがそっくりの男が現れ、その男が浅野温子に求愛したことで、浅野温子はその男が好きになり、武田鉄矢との婚約を解消するのです。

その男が武田鉄矢の上司だったことで、武田鉄矢は会社にいづらくなり遂に大手企業を退職します。

それでも浅野温子をまったく恨むことなく、静かに想い続ける姿に浅野温子の心は乱れます。

武田鉄矢は中年で無職となったことで一念発起し、司法試験合格を目指します。

浅野温子は、受かるわけがないと冷笑する上司の男の嘘偽りの多い内面にやがて気づき、武田鉄矢への愛を再認識します。

しかし武田鉄矢は司法試験に受かることができず、浅野温子へのアプローチを断念するしかない状況を受け入れます。

そこへ浅野温子がウェディングドレスを着て現れ、武田鉄矢にプロポーズをしてドラマは終了するのです。

ドラマの当初では、この二人の結婚はあり得ないだろうと多くの視聴者が感じていたでしょうが、エンディングではいいカップルだと、ほとんどの視聴者が祝福したことでしょう。

浅野温子はいい選択をした、見る目がある、と感じさせるものがあります。

美女と、容姿が釣り合わないと見られる男性のカップルというのは数多く存在しますが、こういうことなのでしょう。

流行語大賞にもなった「僕は死にましぇん」

「101回目のプロポーズ」の名シーンとして、のちの語り草にまでなっているのが、武田鉄矢がトラックの前に飛び出す場面です。

浅野温子は武田鉄矢が好きになりますが、かつて新郎が結婚式当日に交通事故死したことで、愛する人を失う喪失感が怖くて結婚に踏み出せないと武田鉄矢に泣いて訴えます。

浅野温子としては、解決策など求めていません。

ただ自分の気持ちを訴えて共感してほしい、できれば心強い言葉で励まし元気づけてほしい、という程度です。

しかし武田鉄矢は自分が不死身であることを具体的に示そうとして、トラックの前に飛び出します。

そして、

「僕は死にましぇん」

「絶対に死んだりしませんから、必ずあなたを幸せにしますから!」

と叫ぶのです。

かなり現実離れしたシーンですが、武田鉄矢の熱演と浅野温子の驚愕ぶりで、心に残る名場面となっています。

浅野温子はへたり込む武田鉄矢に

「あたしを、幸せにしてください」

と言って、婚約成立のようになります。

武田鉄矢がのちに司法試験に不合格となり、この時の浅野温子の言葉を思い出し、辛い表情をする場面があります。

一方的に婚約破棄をされ、長年勤めた大手企業を退職せざるを得なくなっても、このときの浅野温子の言葉を忘れることができなかったことがうかがえる場面です。

女性から見るとあり得る話

テレビで男性のコメンテーターが、このドラマについて、容姿が到底釣り合わないような男性がひたすら求婚する姿が、という論調で、こんなカップル成立は非現実的というような内容のことを語っていました。

しかし女性からすると、大いにあり得ると感じられる内容です。

こうした、容姿がまったく釣り合わないと見られがちなカップルというのは数多く、そうしたカップルではたいてい男性が大金持ちである、と考えられる傾向にあります。

しかし「101回目のプロポーズ」では、武田鉄矢は大手企業の社員ではあるものの、出世しそうもないタイプとして描かれています。

浅野温子は無名のオーケストラの団員であり、ピアノ教室の講師という副業もおこなう身ですが、決してお金に困っているわけでもなく、安定を求めているわけでもありません。

その上、武田鉄矢は大手企業を中年で退職し、司法試験にも合格できませんでした。

最後のほうでは収入も極めて不安定な身の上です。

それでも、ドラマの最後で浅野温子のほうから武田鉄矢にプロポーズした状況は決して不自然ではなく、むしろごく自然なことだと共感させるものがあります。

女性が結婚相手に求めているのは、必ずしもお金や安定だけではないわけです。

色あせない不朽の名作!

「101回目のプロポーズ」は、現在でも語り草になっているほどの名作ドラマです。

主演の熱演もさることながら、やはりストーリー展開もセリフも魅力的なものだったからでしょう。

最終回の視聴率は36.7%という高いものでした。

たしかに浅野温子は当時の女性たちのあこがれの的ではありましたが、初回の視聴率は20.3%でした。

そこからやがて最終回には、そのおよそ2倍もの視聴率を取るドラマとなっていったわけです。

いかに多くの視聴者の支持を集めていたか!…です。

「101回目のプロポーズ」は、現在も動画で観ることができます。

かつての番組を動画で提供する、FOD(フジテレビオンデマンド)で、いつでも視聴できます。

たぶん時を忘れて熱中して観ることになりますね。

今回ご紹介させていただいた『101回目のプロポーズ』の動画が、今なら【FODプレミアム】で初回1ヶ月無料で見ることができるんですよ!

是非皆さんも、無料で楽しんでください。

私は一足先に楽しんじゃってます♪

※情報は2018年6月時点のものです。
現在は動画の配信が終了している場合もありますので、詳細は「FODプレミアム 公式ホームページ」にてご確認お願いします。


おすすめコンテンツ

FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

FODプレミアムの魅力やdTV、NETFLIX、Hulu、U-NEXTとFODプレミアムとの比較等…

■LINK■