明日の約束【動画見放題】お試し無料はコチラ!-FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

『明日の約束』…FODプレミアムで動画配信中!

FODプレミアムで配信中の動画


『明日の約束』


出演:井上真央/及川光博/工藤阿須加/白洲迅/新川優愛/佐久間由衣/青柳翔/羽場裕一/手塚理美/仲間由紀恵


主題歌:東方神起「Reboot」(avex trax)


作品概要

藍沢日向は、高校のスクールカウンセラー。学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげる。

背後に“毒親”とも言える過干渉な母親とのいびつな関係に悩んで育ってきた経験があったからだ。

ある男子生徒から、好きです・・・と告白されるが、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。

誰が彼を死なせたのか・・・。彼がいなくなった世界では“犯人探し”が始まる。

すると、彼が抱えていた“闇”が次々と明らかになり、原因究明に動く日向を次第に追い込んでいく。

あらゆる問題に向き合っていく日向が見つけた「生きる上で大切なこと」とは?

そこから導き出した「親子のカタチ」とは?

出典明日の約束 - 動画 - FODプレミアム


男子高校生の謎の死からスタートする「明日の約束」

~カギは毒母~

朝ドラ出演者が多数出演していることで注目を集めた「明日の約束」。

2017年10月17日~2017年12月19日の火曜21時から、フジテレビで放映されていました。

このドラマのカギは、何と言っても仲間由紀恵さん演じる毒母です。

「明日の約束」のストーリーと魅力について詳しくご紹介していきます。

動画での視聴も可能ですので気になった人は、是非ご覧ください。

この世でいちばん謎が残る死

ドラマ「明日の約束」はこのキャッチーなフレーズから物語がスタートします。

主人公の藍沢日向(井上真央)は高校のスクールカウンセラーで、学校と家庭の間に入り生徒のケアをしていました。

日向は自分自身が母親に苦悩させられてきた経験があり、同じような子供達のケアをしたいとスクールカウンセラーを目指したのです。

そんなある日、気にかけていた不登校の男子生徒だった吉岡圭吾のケアを担任の霧島(及川光博)に頼まれることになりました。

圭吾の話を聞いたり、カウンセリングを始めようと思っていた矢先、日向は圭吾から告白をされます。

しかし、その翌日圭吾は不可解な死でこの世から去ってしまったのです。

何故圭吾は死んだのか、そして誰が死なせたのかと犯人探しが始まりました。

これがドラマ「明日の約束」のカギとなっていきます。

犯人探しが始まると、部活動の先輩からのいじめや同級生たちからのいじめ問題が発覚。

これに憤りを感じた圭吾の母親(仲間由紀恵)が学校側を訴えると行動するようになります。

不可解な謎の死によって、引き起こされる問題や圭吾自身が抱えてきた闇に迫っていくストーリー展開は、回数を重ねるごとに緊迫したものとなり、目が離せません。

圭吾に関わる周囲の人間たち

不可解な謎の死でこの世を去った圭吾は、数々の謎を残していました。

圭吾が死んだ理由は、部活動の仲間によるいじめではないかと母親が思うようになったからです。

そして、その部活動のキャプテンに対して執拗に追い詰めていくことになります。

しかし、実際にはこのキャプテンはいじめを行っていたのではなく、圭吾自身から喫煙していたことを盾にスターティングメンバーに入れてくれと脅されていました。

ストーリーが展開していくうちに、この話自体も母親の差し金であったことがわかります。

またキャプテンはネットに顔が晒されるといったことが起こり、学校に通うのも困難な状態になってしまったのです。

誰が拡散したのかについて調べていくうちに、担任がばらまいていたことを日向が知ってしまいます。

担任に問い詰めると、圭吾の母親によって前の学校での問題について言及され、恨みを持っていたことがわかったのです。

このように複雑に絡まる人間関係が圭吾の周辺には渦巻いていて、そのどれもが母親と繋がっていることがわかります。

子供に過干渉な母親として、このドラマをきっかけに毒母とされ話題を集めました。

圭吾の母親は部屋に盗聴器を仕込んでいて、常に圭吾を監視していたことも後からわかってきます。

毒母に悩まされる子供たち

ドラマ「明日の約束」では、毒母に悩まされる子供達が多数出てきます。

日向自身も小さな頃から母親(手塚理美)に制御されて育ちました。

毎日「明日の約束」と書かれたノートを渡され、ダメ出しされる日々を送ってきたのです。

「日向のことが大好きです」と書かれているものの、実際には子供を自分の支配下に置き、コントロールしたい毒母だったことがわかっていきます。

その呪縛から逃れたいのに逃れることができず、日向自身は大人になってからも苦悩し続けていくのです。

高校では、娘よりも男に走ってしまう毒母が出てきたり、圭吾の母親のように行き過ぎた過保護によって子供を制御する母親も多数出てきます。

このような毒母からどのようにして逃れればいいのか、日向自身がこの呪縛から抜け出す方法はあるのかといった点も、圭吾の謎の死の背景で動いていきます。

圭吾の母親は自分のしてきたことに対してどのような結論を出すのか、日向は毒母の呪縛からどのようにして脱するのかといったストーリーも興味深く見ることができます。

圭吾の謎の死と毒母の呪縛からの解放が同時進行で行われていくので一見複雑に思えるのですが、構成が上手いのかとても見やすいのが魅力。

毒母に育てられた経験がある人

ドラマ「明日の約束」は毒母に育てられた経験がある人にとって苦しい展開が多いようです。

小さい時には親という存在はとてもありがたいものでしたが、自我が芽生え、自分というものが確立されてくると逆らいたくなるものです。

しかし、この逆らうということを許さない母親たちも一定数ですが存在していて、それによって苦しめられる子供達が生まれてしまいます。

日向のように暴力こそはありませんが、精神的な圧力を感じる毎日は子供心には闇を落とすものであり、小さい頃から繰り返されたその環境から簡単に抜け出すことができないことが丁寧に表現されています。

周囲の人間には理解されない家庭環境の中で繰り返される制御は、大人になってからも脱することが出来ず苦しんでいる人がいるという事実を浮き彫りにさせました。

圭吾自身は自分自身でこの世を去ることを決断し、毒母からの呪縛から逃れた一人。

辛い決断ではあったものの、それしか圭吾自身にはできなかったのではないでしょうか。

毒母は子供に愛情がないわけではありません。

むしろ歪んだ愛情だからこそ、子供に闇を落としてしまうのです。

最終回では、日向が母親に決別をするシーンがありますが、このシーンはとても印象深く、毒母に育てられた経験のある人たちから絶賛されています。

キャストや構成がとても良いドラマ

井上真央が演じる日向はとても難しい役だったと思いますが、素晴らしい演技だったと評価されています。

闇の中を健気に生きている姿は視聴者に感動を与えました。

そして、何よりも毒母役の仲間由紀恵の存在感は圧倒的でした。

圭吾を亡くすまで自分自身がしてきたことがどんなことかも理解していなかったでしょうし、亡くしてからも理解することはありませんでした。

しかし、圭吾の妹の存在によって立ち直ろうとする姿には応援したくなった人も多かったのではないでしょうか。

及川光博さんの冷酷な先生役もハマり役でした。

キャストは朝ドラ経験者が多いということから、当初から注目されていた作品ではありましたが、暗いストーリー展開だった為に視聴率は思ったよりも低かったそうです。

しかし、最終回は大絶賛され、井上真央の演技に涙した人も多かったでしょう。

演技力の高いキャストと雰囲気を出すBGM。

そして重苦しいテーマなのに人物たちの心情がよくわかる構成は評価に値するものだと言えるでしょう。

謎の死というテーマの作品はたくさんありますが、「明日の約束」はその死の理由だけではなく、その後の周囲の人々の人生までをしっかり描いた良いドラマになっています。

「明日の約束」の意味

ドラマ「明日の約束」はこのタイトル通り、2つの意味を持っていました。

圭吾が明日に希望を見出した約束と日向が受けてきた明日の約束、この2つの意味によって構成されたとても見ごたえがあるドラマです。

最終回、日向が毒母に向けて伝えたメッセージは心に響くものがあります。

毒母に苦しめられている人、呪縛から解放されたい人はこのドラマで何かを感じ取るかもしれません。

まだ一度も観たことがない人も、もう一度観なおしたいと考えている人も動画で視聴することができますので是非ご覧ください。

主人公である日向だけではなく、それぞれの視点から見ることができるドラマはそうあるものではありません。

どの立場であっても考えさせられるドラマです。

今回ご紹介させていただいた『明日の約束』の動画が、今なら【FODプレミアム】で初回1ヶ月無料で見ることができるんですよ!

是非皆さんも、無料で楽しんでください。

私は一足先に楽しんじゃってます♪

※情報は2018年6月時点のものです。
現在は動画の配信が終了している場合やFODプレミアム対象外になってる場合もありますので、詳細は「FODプレミアム 公式ホームページ」にてご確認お願いします。


おすすめコンテンツ

FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

FODプレミアムの魅力、そしてdTV、NETFLIX、Hulu、U-NEXTとの比較等、VODにおけるお役立ち情報満載!