キャリア~掟破りの警察署長~【動画見放題】お試し無料はコチラ!-FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

『キャリア~掟破りの警察署長~』…FODプレミアムで動画配信中!

FODプレミアムで配信中の動画


『キャリア~掟破りの警察署長~』


脚本:小山正太/関えり香

出演:玉木宏/髙嶋政宏/瀧本美織/白洲迅/半海一晃/知花くらら/平山祐介/勝矢/駒井蓮/松本岳/田中美奈子/柳沢慎吾/近藤正臣 他

主題歌:GReeeeN「暁の君に」(ZEN MUSIC)

作品概要

北町署に新たなキャリア署長が就任する日、署員は歓迎式の準備もあって浮ついていた。

同じころ、市民の乗ったバスが男にジャックされる。

しかし、男の持ち物から事前に犯行を察知していた遠山金志郎(玉木宏)は犯人を説得し、バスごと北町署に横づけさせて見事に事件を解決してしまう。

彼こそが、北町署の新署長だったー。

キャリアらしくない金志郎は、たたき上げの刑事・南洋三(髙嶋政宏)や、女刑事の相川実里(瀧本美織)、副署長の半田順二(柳沢慎吾)らに気軽に接する。

キャリアらしからぬ金志郎の振る舞いに戸惑う刑事たち。

昔の事件がきっかけでキャリアに対して反発心を抱くようになった南は、金志郎が気に入らない。

そのころ南たちは、指名手配中の連続強盗殺人犯・谷口を追っていた。

谷口は現金1億円を持って逃走していた。

刑事課にふらっとやってきた金志郎は、被害通報件数No.1の落書きを捜査すべきだと提案する。

落書きを取り締まって治安が回復したという海外の例を持ち出し、ついには刑事の勘で「落書きと手配犯がつながる」と言い出す。

南は、現場への口出しは無用、と言って取り合わない。

制服を脱ぎ捨て普段着で街に出た金志郎は、勝手に落書きの捜査を始める。

といっても、単なる落書き消し。

手配犯の捜査から外され、金志郎の案内係を命じられた実里は不満を隠せない。

そんな中、街中の落書きにあるメッセージが隠されていることがわかり・・・。

出典キャリア~掟破りの警察署長~ - 動画 - FODプレミアム

『キャリア~掟破りの警察署長~』は2016年10月9日から12月11日まで毎週日曜日21時からフジテレビ系で放映された玉木宏主演のドラマです。

2016年と言えば、ポケモンGoが大々的にヒットをした時です。

みんなスマホに夢中になり、ポケモンたちが集まる場所にスマホを持った人が大量に押し寄せるという社会現象まで引き起こしました。

Instagramが日本でも普及した1年でもあったと言えるでしょう。

『キャリア~掟破りの警察署長~』は、キャリア組でありながら、キャリア組とは思えない出で立ちで事件を解決していく遠山金志郎の姿がとても珍しいドラマでした。

いつも見ている警察ドラマは、キャリアvs叩き上げの構図が明快で、キャリア組は現場に出ることを嫌い、でも実績は欲しがるという姿が一般的だったように思います。

その真逆をいく警察署長・遠山金志郎の姿が見ていて爽快感があること間違いなしです。

『キャリア~掟破りの警察署長~』では、今までのキャリアvs叩き上げの構図ではなく、叩き上げマインドを持ったキャリア警察署長。

ドラマは、1話完結の痛快オリジナル作品です。

主な登場人物の紹介

玉木宏が演じる遠山金志郎

36歳の独身で、警視庁人事部から北町署に新しく就任した警察署長です。

いわゆるキャリア組。

人事部だったこともあり書類整理は得意で、キャリアらしくない金志郎に周囲の刑事は違和感を感じています。

そんな金志郎は、信頼される警察になることと、犯罪の起こらない街になることを目標にしています。

実父は、北町署の警察官で殉職した宇梶剛士が演じる桜井周平です。

母の再婚で遠山姓となりました。

25年前の事件前、「安全な街にするために北町署の警察署長になる」と父・周平と話し、父の背中を見て警察官になりました。


髙嶋政宏が演じる南洋三

北町署刑事課係長で叩き上げのベテラン刑事です。

ノンキャリアの警部補です。

犯人から恨まれ、娘を連れ去られてしまったり大変な思いを今までにしてきています。

また、25年前、撃たれた金志郎の実父・桜井を乗せた救急車に同行し最期を見取っていた人物でもあります。


瀧本美織が演じる相川実里

北町署刑事課の新人女性刑事です。

25歳で階級は巡査です。

金志郎が自ら捜査する際、行動を共にすることが多くバディと呼ばれています。

刑事課に配属された青木刑事の指導係になります。

『キャリア~掟破りの警察署長~』…FODプレミアムで動画配信中!


■Story #1

新たなる ヒーロー誕生!!署長が事件を解決!!

北町署に新たなキャリア署長が就任する日、署員は歓迎式の準備もあって浮ついていました。

同じころ、市民の乗ったバスが男にジャックされてしまいます。

しかし、男の持ち物から事前に犯行を察知していた玉木宏が演じる遠山金志郎は犯人を説得し、バスごと北町署に横づけさせて見事に事件を解決してしまうのでした。

彼こそが、北町署の新署長だったのです・・・。

キャリアらしくない金志郎は、叩き上げの刑事・髙嶋政宏が演じる南洋三や、瀧本美織が演じる女性刑事の相川実里、柳沢慎吾が演じる副署長の半田順二らに気軽に接しますが、キャリアらしからぬ金志郎の振る舞いに戸惑う刑事たち。

そのころ南たちは、指名手配中の連続強盗殺人犯・谷口を追っていました。

谷口は現金1億円を持って逃走していたのです。

刑事課にふらっとやってきた金志郎は、落書きを取り締まって治安が回復したという海外の例を持ち出し、ついには刑事の勘で「落書きと手配犯が繋がる」と言い出します。

南は、現場への口出しは無用、と言って取り合いませんが、制服を脱ぎ捨て普段着で街に出た金志郎は、勝手に落書きの捜査を始めます。

手配犯の捜査から外され、金志郎の案内係を命じられた実里は不満を隠せません。

そんな中、街中の落書きにあるメッセージが隠されていることがわかり・・・。

■Story #2

DV夫を華麗に成敗!!

北町署で、子どもたちを集めた署内見学会が行われました。

発案者はもちろん、署長の遠山金志郎です。

その案内係を命じられた実里は、言うことを聞かない子どもたちに手を焼くばかり。

すると、その中の一人の少年が「これでオオカミ男を捕まえられる?」といって手錠を持ち出し、金志郎と南を手錠でつなぐと、何と手錠の鍵を飲み込んでしまいます。

鍵は自然に出てくるのを待つしかなく、金志郎と南はしばらく手錠で繋がったままに・・・。

そんな騒動の中、金志郎は、女性の悲鳴が聞こえたという通報に目を留めます。

その女性によれば、霧島れいかが演じる友樹の母・真理恵に会い、彼女が夫からDVを受けているのではないかと疑う実里ですが・・・。

「どうしてあげたいですか?」と金志郎から問いかけられた実里は、真理恵の元を訪れるのですが・・・。





■Story #10(最終話)

桜吹雪で悪事を退治(最終話)

25年前、金志郎の父・桜井周平を射殺した真犯人を追っていた南が拳銃で撃たれ、意識不明のまま病院に収容されました。

真相を確かめるべく近藤正臣が演じる長下部に会いに行きますが、金志郎は、上層部から呼び出されてしまいます。

金志郎は、時効が成立している事件の捜査をさせた上、捜査員が撃たれた今回の事件の責任を問われ、謹慎処分と北町署署長の解任を言い渡されてしまいます。

金志郎の処分を受け、北町署の署長代理となった東根作寿英が演じる秋嶋は、半田副署長や実里ら署員たちに、署長官舎から姿を消した、桐島の行方を追っていると思われる金志郎の身柄を拘束するよう命じます。

そして金志郎は、本庁の刑事たちに追われながらも、単身聞き込み捜査を続けていました。

金志郎の前に現れた北町署刑事課のメンバーは、桐島が犯人であることを証明すべきだと申し出ます。

しかし金志郎は、父の事件は個人の問題だとして、この件に関わらないよう命じるのでした・・・。

今回ご紹介させていただいた『キャリア~掟破りの警察署長~』の動画が、今なら【FODプレミアム】で初回1ヶ月無料で見ることができるんですよ!

是非皆さんも、無料で楽しんでください。

私は一足先に楽しんじゃってます♪

※情報は2018年5月時点のものです。
現在は動画の配信が終了している場合もありますので、詳細は「FODプレミアム 公式ホームページ」にてご確認お願いします。


おすすめコンテンツ

FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

FODプレミアムの魅力やdTV、NETFLIX、Hulu、U-NEXTとFODプレミアムとの比較等…

■LINK■