ハチワンダイバー【動画見放題】お試し無料はコチラ!-FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

『ハチワンダイバー』…FODプレミアムで動画配信中!

FODプレミアムで配信中の動画


『ハチワンダイバー』


脚本:古家和尚

プロデュース:東康之

演出:水田成英/松山博昭

出演:溝端淳平/仲里依紗/安田美沙子/伊達みきお/富澤たけし/木下優樹菜/小日向文世 ほか

主題歌:新垣結衣『Make my day』(ワーナーミュージック・ジャパン)

作品概要

一度はプロ棋士の夢をあきらめ、場末の棋場で賭け将棋で日銭を稼ぐ「真剣師」に身を落としていた主人公・菅田が、巨乳でメイド服の「謎の女」の手ほどきで、強烈なキャラクターの敵たちと対局し、派手なバトルを繰り広げる爆笑と号泣の熱血青春ドラマ。

出典ハチワンダイバー - 動画 - FODプレミアム


『ハチワンダイバー』

~巨乳メイド服と将棋の熱血青春ドラマ!『ハチワンダイバー』~

ドラマ『ハチワンダイバー』は将棋を舞台とした熱血青春ドラマです。

プロ棋士を目指していたものの挫折した経験をもつ主人公・菅田は、賭博将棋で日銭を稼ぐ日々を送っています。

ところが、彼の日常はある日を境に一変します。

賭け将棋最強の受け師で巨乳のメイド、「中静そよ」が現れたのです。

彼女に完敗した菅田は「中静そよ」に恋におち、そよと一緒に賭け将棋の深淵へ身を投じることにななっていくのです。

『ハチワンダイバー』とはどんな意味?

タイトルの『ハチワンダイバー』ですが、これは菅田の将棋スタイルのことを指しています。

菅田は将棋盤の81マスに精神的に潜り込み、あらゆる戦法を想定します。

将棋盤に没入する際には「ダイブ!」と叫び、あらゆる駒の戦術を考慮するのです。

81マスある将棋盤に「ダイブ!」と叫んで没入する、だから『ハチワンダイバー』なのです。

また、他にも『ハチワンダイバー』のようなネーミングを持つ人物がいます。

それが、通称「アキバの受け師」である中静そよです。

中静そよのネーミングの背景には彼女の職業にあります。

中静そよは、「秋葉原メイド掃除クラブ」で出張メイドのアルバイトをしているのです。

他にも、『ハチワンダイバー』に出てくる仲間は個性的です!

しかも常識を超えた人間ばかりです。

ただ全員がとにかく将棋が大好きという点に変わりはありません。

魅力的で個性的なメンバーたちの勝負の姿を楽しんでみてもらえるドラマに仕上がっています。

打ちのめされる『ハチワンダイバー』菅田のその後のストーリーは?

「中静そよ」に完膚なきまでに将棋で打ちのめされた菅田が中静に恋をするまでが、ドラマの最初のエピソードとして収録されています。

その後のストーリー展開は、怒涛の将棋の真剣勝負が繰り広げられていきます。

将棋ファンにはたまらないストーリー展開と言えるでしょう。

ドラマ第2話では、将棋の勝負に平然と「命を賭ける」というマムシという男と勝負をします。

対する主人公・菅田は一体何を賭けるのでしょうか?

ドラマ第3話のエピソードは、ホームレスとの勝負です。

ここで菅田は二こ神の本当の実力と恐ろしさを知ることになるのです。

このようにドラマ1話ごとにさまざまな棋士が出演していくので、何より真剣で熱い勝負を目にすることができます!

将棋のことを知らないから楽しめないかも?なんて心配する必要は全くありません。

将棋盤の上ではひたすらお互いの心の映像が流れ、殴り合い、打ち合いが繰り広げられていきます。

もはや駒同士の勝負というよりは、人間同士の殴り合いに近い熱い展開が繰り広げられるのです。

こうして主人公・菅田は「ハチワンシステム」を生み出し、将棋に勝ち続けるようになっていきます。

しかし気になるのは、なぜ「中静そよ」が菅田を強化することにしたのか?

そして彼女は何故メイドを続けるのか?です。

それは最後までこの物語を見るとわかるのです!

「中静そよ」に恋愛感情を抱く菅田は、彼女のために強い将棋を指し続けます。

『ハチワンダイバー』に登場する将棋しか愛せない組織「鬼将会」とは!?

さまざまな強敵と戦い、弟子入りをしたりする中で菅田が耳にしたのが「鬼将会」です。

どうやら、この組織の名前には中静そよも黙ってはいられない様子なのです。

実はこの「鬼将会」は非常に将棋を愛しており、愛しすぎたため、将棋で世界を征服しようとまで考える恐ろしい会なのです。

本来はやくざの代打ちなどを行っていたのですが、その熱意とあまりの強さに今では「鬼将会」のほうが権力を持っているほど。

中静そよはここで初めてある反応を見せます。

彼女が「将棋の鬼」となったのはどうやら「鬼将会」に関係があるようなのです。

とにかく「鬼将会」は将棋が強くなければ入ることができません。

菅田はそのために訓練されたのでしょうか?

この「鬼将会」、本気で将棋で世界を統治しようと考えている組織なのです。

地下シェルター内には将棋で相手の金銭を奪う道場が建設されており、さらにVIPを集めた将棋バトルを見せるためにリングを設けたり、とにかくスケールが大きいところも見どころのひとつといえるでしょう。

ここまで将棋にのめりこむとなると、狂気しか感じられませんが菅田はこの恐ろしい世界から抜け出すことができるのか?そして中静そよの目的は達成できるのか?

ここまでくると見る側も熱くなること必須です。

ドラマならではの『ハチワンダイバー』の見所とは!

もともと『ハチワンダイバー』は週刊ヤングジャンプで連載されていた漫画です。

2006年から連載が始まり、2008年には「この漫画がすごい!オトコ編」第1位という評価を得た大人気漫画です。

2014年には連載が終了していますので、もしドラマのその後が知りたいという人は原作を読んでみるのもおすすめです。

ただし、冊数がかなりボリュームがあり、全部で35巻あります。

いきなりこれだけの量を読むのはかなり難しいところですね。

そこでまずは、動画でドラマを視聴するという方法がオススメです。

そしてドラマは出演者もとても豪華です。

最強の将棋の鬼でありながら美少女という中静そよ役には仲里依紗さん、主人公・菅田役には溝端淳平さん、そしてなんとサンドウィッチマンの二人も出演しています。

さらに芸能界では大の将棋好きで知られているつるの剛士さんがプロ棋士役で出演し、本当に将棋を打っているところも見られます。

ゲスト出演は劇団ひとりさんや、京本政樹さんなど豪華メンバーがそろっているところもドラマ『ハチワンダイバー』の魅力です。

ただし、ドラマと原作は若干ストーリーが異なり、さらにドラマのみの登場人物も存在します。

面白いと思ったときにはぜひ読み比べもしてみてみるのもオススメですよ。

『ハチワンダイバー』に登場するイケメンたち

漫画とドラマで人気となった『ハチワンダイバー』ですが、現在も人気のあるコンテンツとして活躍しています。

2009年にはゲーム化、さらに2017年にはパチンコになったりと、ドラマ放送終了後にも人気のある作品であることがよくわかります。

ドラマ化されたのは、2008年5月でした。

毎週23時からの放送でしたので、リアルタイムの放送を見逃した方も多かったかもしれません。

ちなみに『ハチワンダイバー』の最高視聴率は11パーセント。

マムシ演じる姜暢雄さんが最高にかっこいい勝負を演じた回です。

さらに次の回で出てきたのは、将棋も強い、けれどケンカもめっぽう強いという設定の棋士・斬野でこれは京本政樹さんが和服姿で演じています。

かなりイケメン揃いの『ハチワンダイバー』ですが、やはり一番のイケメンは主人公・菅田が溝端淳平さんでしょう。

ぜひ登場人物のイケメン具合も楽しんで欲しいと思います。

ちなみにナレーションはあのガンダムのシャア役を演じたことで知られているイケメンボイスの持ち主、池田秀一さんでした。

こんなところにも大活躍されているのです。

ドラマオリジナルキャラとしては袴田吉彦さんや石橋蓮司さん、大杉連さんも出演していらっしゃいます。

今『ハチワンダイバー』を見るためには

熱血青春将棋物語『ハチワンダイバー』を見るならやはり動画サイトが確実です。

フジテレビオンデマンドで放送中ですので、ぜひ男子の熱い将棋バトルを見てください。

ドラマにはドラマのシナリオがあるので、原作を読んでいる人でも十分楽しめる内容です。

また、最強の棋士である中静そよさんがとても可愛らしく、もりもり食事をするシーンが非常に印象的でした。

健康的な美を保ちつつも、将棋の時には鬼となる彼女のギャップには女性も憧れを抱いてしまうかもしれませんね。

『ハチワンダイバー』を見て、ぜひあなたも将棋の海へ「ダイブ!」してみてはいかがでしょうか。

もちろん、将棋の知識がなくてもあっても、十分楽しめる内容であること保証済みです!

今回ご紹介させていただいた『ハチワンダイバー』の動画が、今なら【FODプレミアム】で初回1ヶ月無料で見ることができるんですよ!

是非皆さんも、無料で楽しんでください。

私は一足先に楽しんじゃってます♪

※情報は2018年7月時点のものです。
現在は動画の配信が終了している場合やFODプレミアム対象外になってる場合もありますので、詳細は「FODプレミアム 公式ホームページ」にてご確認お願いします。


おすすめコンテンツ

FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

FODプレミアムの魅力、そしてdTV、NETFLIX、Hulu、U-NEXTとの比較等、VODにおけるお役立ち情報満載!

■LINK■