華鬼 三部作(映画)【動画見放題】お試し無料はコチラ!-FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

『華鬼 三部作(映画)』…FODプレミアムで動画配信中!

FODプレミアムで配信中の動画


『華鬼 三部作(映画)』


キャスト:荒木宏文 逢沢りな/細貝 圭 川村ゆきえ/村井良大 加護亜依 渡辺大輔 栩原楽人 三浦 力 滝 裕可里 夏目 鈴/遊井亮子

作品概要

平凡な少女と美しくも冷酷な鬼とが織り成す学園ファンタジー

出典華鬼 三部作(映画) - 動画 - FODプレミアム


華鬼 三部作 『華鬼X神無編』

ストーリー

鬼の刻印を持つ少女は16歳の誕生日、鬼のいる学園に連れ去られた――


“鬼の花嫁”の刻印を持つ少女・朝霧神無(逢沢りな)は16歳の誕生日、さらわれるようにして鬼の頭・木籐華鬼(荒木宏文)のもとへ嫁ぐ。

連れ去られたその先“鬼ヶ里”には、多くの鬼とその花嫁たちが生活する学園があった。

しかし華鬼は自分の花嫁である神無に対して静かなる“殺意”を抱いていた――

出典華鬼 三部作『華鬼X神無編』 - 動画 - FODプレミアム

予告 「華鬼 三部作~華鬼×神無編」

華鬼 三部作 『麗二Xもえぎ編』

ストーリー

自分の運命に抗い麗二を拒むもえぎ、鬼ヶ里に迫る恐怖が彼女を襲う――


神無(逢沢りな)が、華鬼(荒木宏文)に出逢う20年も前の話――

鬼の花嫁として強引に高槻麗二(細貝 圭)のもとへ嫁がされたもえぎ(川村ゆきえ)。

この状況に納得できず麗二を毛嫌いするも、その度になだめられる日々が続く。

そんな中、500年前に封印されたはずの怪物「凝鬼(こごりおに)」が蘇り、鬼ヶ里を恐怖へと陥れる――

出典華鬼 三部作『麗二Xもえぎ編』 - 動画 - FODプレミアム

予告 「華鬼 三部作~麗二Xもえぎ編」

華鬼 三部作 『響X桃子編』

ストーリー

孤独な鬼の花嫁、桃子・・・響の悪意に引きずられ、嫉妬が殺意へと変化していく


土佐塚桃子(加護亜依)は鬼の花嫁として鬼ヶ里高校に迎え入れられたが、将来を約束していた鬼にふられてしまい、他の鬼の花嫁達から好奇の目にさらされる。

鬼の頭の刻印を持つというだけで優遇される神無に嫉妬を抱いてゆく桃子。

そんな彼女の前に華鬼を失脚させようと目論む堀川 響(村井良大)が現れた――

出典華鬼 三部作『響X桃子編』 - 動画 - FODプレミアム

予告 「華鬼 三部作~響X桃子編」

華鬼 三部作(映画)は人気PC恋愛小説が原作!

~主人公が鬼の花嫁の学園ファンタジー!~

華鬼 三部作(映画)は原作がPC恋愛小説で、後に映画化や舞台化それにゲームやドラマCDになるほどの人気作品です。

2009年の映画化以降、2017年になっても人気が続いていて文庫化も果たしたロングセラーとなっています。

累計部数30万を超えた小説が原作ですから、映像作品も新たな人気を呼び、最近では動画配信も行われるようになりました。

華鬼 三部作(映画)のストーリー

華鬼の構成は神無編を始めとして、もえぎ編や桃子編へと続きます。

ある刻印を持つ少女は、16歳の誕生日を迎えたその日に、鬼がいる学園に連れ去られてしまいます。

少女の名前は朝霧神無で、頭を務める木籐華鬼がいるところへと連れ去られるのです。

神無が学園へ連れてこられた理由は華鬼のもとへと嫁ぐ為です。

連れ去られた場所の名前は鬼ヶ里で、そこでは多数の花嫁たちが暮らしています。

彼は神無を花嫁にするはずですが、何故か殺意を抱いているのが見どころです。

第二部のもえぎ編は神無達が出会う20年前が舞台で、高槻麗二とその元へ嫁がされたもえぎが主役です。

もえぎは花嫁の状況に不満を持ち、麗二を毛嫌いしてはなだめられる日々が続きます。

そのような状況の中で何故か500年前に封印された怪物が蘇ります。

恐怖のどん底へと陥る里ですが、どのように怪物を退治するか、彼女らの関係はどうなるかなどに注目です。

ラストを飾る第三部のヒロインの桃子は、神無達と同じく、花嫁として鬼ヶ里高校で過ごす日々を送ります。

桃子は一人孤独を感じていていますが、響の思惑によって嫉妬が殺意に変わっていきます。

将来を約束しあった鬼に裏切られ、他の花嫁たちの間では噂される、そんな桃子は刻印を持ち優遇される神無に嫉妬します。

華鬼にまつわる思い入れ

初めて華鬼を知った時、当初は良くある青春ドラマだと認識します。

しかし、あらすじやストーリーに目を向けたことで、それまでにはなかった作品と認識を改める結果に至ります。

最初は、鬼の花嫁にされる少女たちを可哀想と感じる作品ですが、次第に鬼の思いや学園で暗躍する黒幕たちの魅力にも気が付きます。

本格的に面白くなっていくのは、読み進めて主役たちが出揃い、物語が動き出し始めるころです。

中盤から終盤に掛けては特に惹き込まれる魅力が豊富で、小説を読んで楽しんでいた時は、ついつい時間を忘れて読みふけっていた位です。

カフェでお茶をしながら読める手軽さもあって、気が付けばあっという間に1時間が経過していることも珍しくないです。

華鬼をきっかけに出会いがあったり、また、この動画のお陰で長かった入院生活が乗り越えられたほどです。

動画は小説版以上に取っ付きやすく、誰にでも気軽に勧められるのが良いところですね。

小説や映像作品はそれぞれ表現方法が違うので、ストーリーを知ってる作品であっても、何度も楽しめる点に惹かれます。

ゲームやドラマCDといった、新しい表現を用いた展開も続いていますから、これからも楽しみ続けることができます。

華鬼で起こった私の人生の転換

華鬼はパートナーと出会ったり、熱中することへと繋がった作品です。

パッと見は少し変わった学園モノですが、鬼という要素が加わることで、他にはない魅力的な作品となっています。

パートナーとは華鬼のお陰で、交流の切っ掛けが生まれたりお付き合いが実現しました。

華鬼の対象読者は女性に限らず、男性が読んでも楽しい作品だといえます。

女性は鬼たち、男性はヒロインに魅力が感じられますし、同性のキャラクターに感情移入するのも可能です。

どこかしら中性的な印象がある作品なので、性別を超えて同じ作品を楽しむことができます。

華鬼 三部作(映画)に関しては、出会いから長いお付き合いに発展したり、喧嘩や仲直りなど沢山の思い出が詰まっています。

進学先を決めたり、後の生き方を左右することになった時にも、必ず傍らには華鬼の三部作があったといえるでしょう。

今では動画を見ることが出来るようになったので思い出の数々が蘇り、辛かったことさえも良い経験だと感じられます。

それはやはり、どんな瞬間にも華鬼が近くにあって、辛い時も幸せな時も楽しませてくれたことが理由です。

ヒロインたちの前には、突然過酷な運命が訪れますが、それでも抗って状況を変えようとする姿が勇気を与えています。

作品の骨格や重要な役割を担う出演者

第一作のヒロイン神無役を務めているのは逢沢りなです。

逢沢りなはルックスに人気がありますが、作中では雰囲気や感情表現が見る人を惹き付けます。

鬼が住む里に連れてこられた、想像を絶する境遇を雰囲気と表情で表しています。

対する木籐華鬼役の荒木宏文も、神無に対する思いや感情の変化など、余すことなく表現するのが上手いです。

学園という舞台を作り上げる出演者たちも見事で、舞台に違和感なく溶け込みます。

神無編で同作品の方向性は決まったも同然で、演出やストーリー展開は第二部以降に引き継がれます。

もえぎ編のヒロインを演じる川村ゆきえは、逢沢りなとはまた違った魅力や演技力を秘めます。

ルックスが優れているのは勿論ですが、儚さや表情に隠れる感情表現力もあります。

時には鬼の高槻麗二役の細貝圭よりも、花嫁らしい鬼を感じさせる瞬間が存在しています。

桃子編の土佐塚桃子は、元アイドルの加護亜依が演じて話題を呼びます。

鬼の花嫁という難しい役どころですが、鬼にフラれ嫉妬する感情を演じています。

暗躍する堀川響役の村井良大もまた三部作のラストに相応しい演技を披露します。

同作品は、ヒロインと鬼役の配役バランスが良いので、動画を見るなら見事なカップリングが必見です。

作品を支える監督やスタッフなど

監督を務める寺内康太郎さんは、これまで劇場映画やVシネマ作品向けに、多くの脚本や監督を手がけています。

ホラーもアクションも得意とするタイプで、ジャンルに関係なく何でも上手く仕上げるのが特徴です。

華鬼(三部作)の映画監督を引き受けるまでには、既に十分な実績があったので、同作品も安心して見られる完成度です。

テレビドラマを手がけた経験もある監督さんですから、短時間の構成だったり、話が分割される作品も得意とします。

脚本は監督に加えて、佐上佳嗣と古澤健の三人の連名となっています。

監督が中心となって脚本を書いていますが、他の脚本家と共同作業することで、話の広がりや洗練さが実現されます。

原作は当然ながらPC恋愛小説版の華鬼を書いた梨沙です。

今までにない作風で多くの人達を惹き付け、ロングセラーを達成している人気の作家さんです。

主題歌を歌うのはJポップバンドのプラスです。

プラスは男性4人組のバンドで、3ボーカルという珍しい変則的な構成です。

ギターも務めるリードボーカルを中心に、華鬼にあった歌詞で歌い上げます。

スタッフは皆実力派揃いで、誰が欠けても作品の完成度はここまでにならなかったでしょう。

大部分は監督の手腕によるものですが、スタッフ選びや配置も含めて、ハイレベルでバランスが取れています。

華鬼は見る人を揺さぶる作品

ファンタジー要素のある作品は、あまりに現実から掛け離れていると、実感が湧かなかったり感情移入が難しくなります。

その点、華鬼は本当にこんな学園があるかもという、妙に現実的な部分を含んでいます。

出演者達のルックスはレベルが高いですが、作品に夢中になっている間は、特に違和感なく感情移入が行えます。

雰囲気や演出も人を惹き付けますし、ストーリーを追うことで感情が大きく揺さぶられます。

切なさや優しさを感じるシーンもありますが、最終的には見て良かったといった、高い満足感と充実が残ります。

出会いが起こる切っ掛けになったり、人生の転機にもなり得る作品なので、興味を持って見ないのは損です。

むしろ、動画を見始めてシリーズにハマることができれば、人生を更に充実させる外せない作品となるでしょう。

動画は手軽かつ短い時間で楽しめるので、華鬼という作品を最初に知るのにもってこいです。

今回ご紹介させていただいた『華鬼 三部作(映画)』の動画が、今なら【FODプレミアム】で初回1ヶ月無料で見ることができるんですよ!

是非皆さんも、無料で楽しんでください。

私は一足先に楽しんじゃってます♪

※情報は2018年6月時点のものです。
現在は動画の配信が終了している場合やFODプレミアム対象外になってる場合もありますので、詳細は「FODプレミアム 公式ホームページ」にてご確認お願いします。


おすすめコンテンツ

FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

FODプレミアムの魅力、そしてdTV、NETFLIX、Hulu、U-NEXTとの比較等、VODにおけるお役立ち情報満載!

■LINK■