めだか【動画見放題】お試し無料はコチラ!-FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

『めだか』…FODプレミアムで動画配信中!

FODプレミアムで配信中の動画


『めだか』


企画:石原隆/杉尾敦弘

脚本:相沢友子

プロデューサー:高橋萬彦

演出:木下高男/植田泰史/都築淳一

出演:ミムラ/原田泰造/瑛太/須藤理彩/山本太郎/木内晶子/平岡祐太/黒木メイサ/市毛良枝/林隆三/泉谷しげる/小日向文世/浅野ゆう子 ほか

主題歌:スピッツ『正夢』(ユニーバサルJ)

作品概要

「私の人生なんてこんなものよね。」・・・と退屈な毎日と折り合いをつけてしまっているすべての方に贈ります。

定時制高校を舞台に、涙あり、笑いあり、LOVEありで描く、等身大のヒロイン“めだか”の心の成長のドラマです。

出典めだか - 動画 - FODプレミアム


『めだか』

~リストラされた『めだか』、定時制高校で女熱血教師始めました!~

ドラマ『めだか』は、OLをリストラされたOLを主人公にしたドラマです。

リストラをされて、職を新たに見つける必要に迫られた目黒たか子(ミムラ)は、たまたま取っていた教員免許のおかげで、定時制高校の教員となりました。

定時制高校に通う年齢も人生のバックグラウンドもバラバラな生徒や個性的な先生に揉まれながら、たか子は少しずつ成長を遂げていきます。

なんとなく始めた教師という仕事に、いつしか心から湧き上がるような情熱を感じていく主人公の王道のストーリー。

それが、このドラマ『めだか』です。

主題歌はスピッツの「正夢」。

大ヒットしました。

ドラマ「めだか」は、幸せばかりではないけれど、こんな風に他人の事に熱くなって人と向き合えたら幸せだと思えるストーリーです。

今では動画配信されています。

動画配信を通じて改めて『めだか』を見ると、今見ても色褪せることのない心に響くドラマです。

『めだか』のストーリー展開

『めだか』の主人公・目黒たか子は、たった半年で会社をリストラされました。

世間に絶望と諦めを抱えたまま、たまたま取っていた教員免許で何の情熱も持たぬまま、ただ仕事をしなくてはと、定時制高校の教師になりました。

彼女は通称『めだか』と呼ばれていました。

ドラマのタイトル『めだか』は、主人公・たか子のニックネームだったのです。

たか子が担任を務めるクラスには、一癖も二癖もあるような生徒ばかりが集います。

例えば、同じ高校の全日制に息子が通うおじさん高校生・種田(小日向文世)。

最初は気づきませんでしたが、たか子の小学校の同級生だった桜木(瑛太)。

シングルマザーのキャバ嬢・由布子(須藤理彩)など、個性的な生徒たちは様々な問題を抱えていました。

お金の問題、定時制に通っていることの世間からの目、仕事と両立の難しさ等。

彼らの姿を通じて、たか子の世間には色んな苦労をしている人たちがいるということを知っていきます。

また、生徒だけでなく教師も問題を抱える人たちばかりです。

同僚の教師にも誰にも何も期待しない、能面のような数学教師・椎名(原田泰造)。

進学率の事しか頭になく、定時制の生徒に対して情のかけらもない校長(浅野ゆう子)などです。

空気の悪い職場の中で、ワガママ放題の生徒に翻弄されっぱなしのめだかでしたが、不可能と言われた大学への受験、全日制に通えなかった悔しさ、生徒を救えなかった教師の後悔など、彼らの感情を目の当たりにし、自分自身の在り方や人生というものに向き合っていくようになります。

そんな1人1人の小さな悩みや、どうしようもない現実に向き合いながら、定時制で高卒の資格を取ってその先へ進みたいという、それぞれの想いに応えていくのが主人公・めだかです。

不器用ながらに一緒に走り、先に進んで行く青春ストーリーです。

『めだか』の出演者について

『めだか』は出演者がかなり豪華で、それぞれが説得力を持った演技で、私たち視聴者を魅せてくれました。

息子が同じ高校の全日制の方に通っているおじさん高校生に小日向文世さん。

酔っ払ったまま通学してくる生徒役に泉谷しげるさん。

めだかの小学校の同級生で難関大学の建築科への進学を目指し、めだかに小学校の頃から好意を寄せていた生徒役に瑛太さん。

親に借金があり、定時制に通う事も反対され、バイトで頑張って学費を払っている嘘つき女子高生役に黒木メイサさん。

教師仲間には、過去のトラウマからロボットのようにしか感情が動かない数学教師役に原田泰造さん。

会社の犬ならぬ校長の忠役犬に、山本太郎さん。

学校の進学率にしか目がない校長役に浅野ゆう子さんと、錚々たるメンバーでした。

1話1話のエピソードとしては、お金がなくて学校に行けないとか、仕事でミスをして大事なテストが受けられないとか、出演者の皆さんの演技力も相まって、友達が困っているところを見ているように、胸が痛むストーリー展開を楽しむことができました。

静かな物語ん中にリアリティをだして、一人一人を思わず応援したくなるような見応えのあるドラマです。

若かりし頃の平岡祐介さんや小出恵介さんも出演しています。

『めだか』というドラマに対する想い入れ

『めだか』が放送されていた頃、私は社会人二年目で、ちょうど『めだか』と同じ年頃でした。

仕事なんてお金を稼げればどこも同じ、何となくそんなことを考えていた頃、自分の手柄をはっきり手柄として認めさせたい、人との繋がりより早く帰りたい、そんな気持ちを持っていた時にこのドラマを見たことは私にとっても衝撃的だったことを覚えています。

仕事として出会った人とここまで心通わせて、自分の利益より相手の想いを叶えるために奔走していく『めだか』の姿に驚いたのです。

そんなことをして何の得になるの?と思うようなことばかりが画面の先で繰り広げられていました。

過去に生徒を亡くす経験をしたことで、心が動かなくなってしまった椎名先生が、『めだか』を見て変わっていく姿は、特に心を打つものがあります。

現実でもこんな人ばかりだったらいいなと、思わずにはいられないほどです。

定時制高校というのは漠然と全日制に行けなかった人が行くところとしか思っていなかったけれど、そこには様々な事情があって全日制に通えなかった人が色々な想いを抱えて通う場所なんだと初めて知る機会になります。

また、「ビギナー」から応援していたミムラさんの演技がとても自然です。

本当にこんな定時制高校が存在するような、不器用でも人の心を動かす力のある女性を演じていたのが印象深いです。

『めだか』のスタッフについて

『めだか』はフジテレビで放送され、企画が石原隆さんです。

石原隆さんは、数々のヒットを手がけていてます。

例えば、観月ありささんといしだ壱成さんが男女入れ替わる「放課後」や、山口智子さん主演「29歳のクリスマス」、松嶋菜々子さん主演の「やまとなでしこ」、木梨憲武さんの「小市民ケーン」、大ヒット作品であるの木村拓哉さん主演の「HERO」などです。

言わずと知れたヒットメーカーです。

石原隆さんの手がけた作品を振り返ると、子どもの頃に見ていた島崎和歌子さん主演の「特撮」、「魔法少女ちゅうかないぱねま」も手がけていたことにも驚きます。

また、脚本には「恋のチカラ」、「鹿男あおによし」、「人は見た目が100%」などを手がけた相沢友子さんです。

こうして世に出た作品を並べてみると、どの作品も心の機微を映すような作品ばかりですね。

豪華なスタッフにも恵まれて、『めだか』が制作されたんだということがわかります。

また、演出は「アンフェア」などを手がけた植田泰史さん、「世にも奇妙な物語」などを手がけた木下高男さん、「天体観測」、「ジョーカー」、「花ざかりの君たちへ」などを手がけた都築淳一さんです。

錚々たるメンバーでこの『めだか』は作られているのです。

『めだか』の主題歌・スピッツの「正夢」

主題歌は言わずと知れたスピッツの「正夢」でした。

スピッツといったら「白線流し」の主題歌だった「空も飛べるはず」が思い出されます。

スピッツと定時制高校、相性は抜群ですね。

この「正夢」という曲は。富士フィルムの企業CMとのタイアップ曲でもあります。

スピッツ11個目のアルバム「スーベニア」に収録されており、ゆっくりとしたテンポのスピッツらしいメロディと、少し苦い過去に無理やり蓋を閉めて、捨てきれない夢を少しと慌ただしい現実とを歌った歌詞は、『めだか』の世界観にぴったりです。

歌詞に出てくる「愛は必ず最後に勝つだろう」はボーカル、草野マサムネさんの先輩の、KANさんの「愛は勝つ」から引用されています。

そのためスペシャルサンクスにKANさんの名前が入っています。

また、「不可能な夢と」いうタイトルの回がありました。

それは、絶対に受からないと言われる受験や、決まらない内定など、不可能なことなんてわかっていることに対して、だけどそんな夢を正夢にしたいというドラマの中のキャラクターの想いが溢れているのがこの主題歌「正夢」なのです。

強い応援歌ではないのに、ギリギリから這い上がる強さが歌われていて、希望を持てるような優しいメロディがドラマとミムラさんの明るさにマッチしています。

『めだか』は年を重ねるとまた違う視点で楽しめるドラマです

ドラマ『めだか』は現在では、動画配信サイト「FOD」にて見ることができます。

当時リアルタイムで『めだか』を見ていた人たちにとっては、今見返して見ると、生徒の歳よりも先生に近い歳になっている自分に驚くかもしれません。

私自身、めだかの年より椎名先生の年に近くなっており、めだかの空回りを見てハラハラしてしまいます。また、仕事に情熱が持てないめだかに対して、力を貸したくなってしまう気持ちがよくわかるようになりました。

当時とはまた別な視点で、楽しむことができる素晴らしいドラマです。

もっと年を重ねたら、今度は小日向さんや泉谷さんの気持ちが分かるようになるのかもしれません。

夢を正夢に変えるのに、歳なんて関係なく、出来ることを一生懸命やればいい。

その姿を見て笑う人もいるだろう、けれど助けてくれる人も必ずいる。

一度は不可能と諦めた夢も、取り戻すことだって出来る、そんな気持ちにさせてくれるドラマが、この『めだか』です。

今回ご紹介させていただいた『めだか』の動画が、今なら【FODプレミアム】で初回1ヶ月無料で見ることができるんですよ!

是非皆さんも、無料で楽しんでください。

私は一足先に楽しんじゃってます♪

※情報は2018年8月時点のものです。
現在は動画の配信が終了している場合やFODプレミアム対象外になってる場合もありますので、詳細は「FODプレミアム 公式ホームページ」にてご確認お願いします。


おすすめコンテンツ

FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

FODプレミアムの魅力、そしてdTV、NETFLIX、Hulu、U-NEXTとの比較等、VODにおけるお役立ち情報満載!