タブロイド(ドラマ)【動画見放題】お試し無料はコチラ!-FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

『タブロイド』…FODプレミアムで動画配信中!

FODプレミアムで配信中の動画


『タブロイド』


脚本:井上久美子

脚本協力:大森美香

プロデュース:山口雅俊

出演:常盤貴子/佐藤浩市/ともさかりえ/京野ことみ/山谷初男/鷲尾真知子/モロ師岡/酒井敏也/小雪/中野英雄/春日井静奈/中村みづほ/大楠道代/柏原崇/真田広之 ほか

主題歌:GLAY『BE WITH YOU』(UNLIMITED RECORDS)

作品概要

人間に対する好奇心、真実に関わる冒険心のないところに、ジャーナリズムは存在しない!

出典タブロイド - 動画 - FODプレミアム


『タブロイド』

~売れる記事のために冤罪事件を手掛けたら大事件に!~

『タブロイド』は1998年10月14日から12月16日まで放送されていたドラマです。

平均視聴率は13.8%、最高視聴率は初回の16.1%でした。

非常に視聴率が高いまま推移していて、フジテレビでは常盤貴子さんの初主演ドラマとなりました。

放送終了後にビデオ版が販売されましたが、DVD化はされていません。

今では全話、動画配信されています。

ドラマ『タブロイド』のストーリー

『タブロイド』の主人公は、中央新聞社会部の女性記者の片山咲です。

彼女は大蔵省官僚への手厳しい取材が原因で、系列の夕刊紙「夕刊トップ」に出向社員として左遷されてしまいます。

編集局長の桐野卓からは、「日本一品のない新聞にようこそ」と言われてしまいます。

咲の指導役の白河くるみは、アイドルのヌード写真のスクープを追っています。

咲は「青島ビンゴ殺害事件」で有罪判決を受けているのにも関わらず、無罪を訴えている真鍋敏彦に面会し、冤罪事件だと感じ、取材を始めました。

しかし、「夕刊トップ」の部数は落ち、会長から売れなければ廃刊にすると言われてしまいます。

部数を伸ばすために様々な事件を取材し、記事にしていくしかありません。

しかし、ビンゴ殺人事件についての冤罪記事は大きなヒットとなり、次々に表に出てくる過去の記事が反響を呼びます。

好評だったために第2弾を特集することになりますが、容疑者の真鍋とは連絡がとれなくなってしまいます。

面会の拒絶にあったからです。

咲は真鍋の冤罪を信じ、かくまうなどのサポートをします。

そして裁判の日を迎えますが、真鍋は無実を勝ち取ることができるのでしょうか。

ドラマ『タブロイド』の思い出

『タブロイド』は水曜日の21時から放送されていました。

当時、携帯電話は普及していましたが今のスマートフォンのような機能はなく、通話とメールが主な機能でした。

ドラマの中でも携帯電話を使用するシーンがありますが、アンテナを伸ばして使うなど今では見られないシーンで、それを見るだけでもとても懐かしさを覚えます。

また、『タブロイド』は冤罪を扱うことで社会派と思わせながらも、「部数のためなら何を書いてもいい」という新聞の裏側も描いています。

冤罪の事実がなかなか出てこないので、視聴者は見ていて歯がゆい思いをしたかもしれません。

けれども、主人公の咲と共に事件の本当の姿に近づいていきます。

真相はとても切ないもので、子供がいる人が見たら特に自分ごととして感じてしまうかもしれませんね。

放送当時、ドラマ『タブロイド』を見てはメールでお互いのストーリー推理や感想を送り合ったり、翌日友達とドラマの内容を話し合うことに夢中でした。

最初はヌード写真などのスクープを狙っていたのが、少しずつ事件に近づいていくのでリアリティーがあります。

ゴシップ記事を書く仕事というのは、あまり胸をはって言える仕事ではありませんが、誰もが真剣に事件に向き合い取材する風景が魅力的なドラマで、出演者にもマッチたドラマを言えるでしょう。

ドラマ『タブロイド』のエピソード

『タブロイド』は当時大人気だった常盤貴子さん主演のドラマです。

ドラマは女性が見るものだというイメージが一般的でしたが、このドラマに関しては当てはまりませんでした。

なぜなら、常盤貴子さんを見るためにドラマ『タブロイド』を見た男性が多かったからです。

さらに、ストーリーの内容もヌードというキーワードでキャッチーに惹きつけておいて、少しずつ社会派の内容になることで、気が付くと毎週見てしまうという状態を作り出しました。

また、冤罪への興味は性別を問わず持つものと言えます。

このように、上手に視聴者の心理を掴みながら展開していくドラマの流れで『タブロイド』は人気ドラマとなり、今のなお、多くの人が懐かしく見てしまうドラマとなっているのです。

結果、このドラマは高い視聴率を誇り、多くの人々の記憶に刻まれる結果となりました。

なんとなく見ているドラマではなく、「もし、私だったらどうするだろう?」と、自分の頭を使って考えさせられるドラマでもあったという証拠ですね。

男性のファンも多かったので、男女の間で共通の話題にしやすいという話題性もありました。

ドラマ『タブロイド』の出演者

『タブロイド』の出演者はとても豪華です。

主人公である片山咲を演じたのは大人気女優の常盤貴子さんで、左遷されながらも頑張る記者の姿を熱演しました。

冤罪と言う難しいテーマにも正面から向かっていく姿に特に好感が持てました。

また、編集局長の桐野卓は佐藤浩市さんです。

かつては優秀な社会部記者だったのですが、左遷されて今のポジションにいて、部下思いな一面を見ることができます。

咲の教育係となる白河くるみ役はともさかりえさんです。

シングルマザーで子供が関わる事件についてのコメントが秀逸です。

編集局員の三枝チカ役は京野ことみさん、情報屋のアキ役は小雪さん、経理担当者の山本釣子役は鷲尾真知子さんです。

くるみの娘である白河サラダは井上結菜さん、副編集局長の長谷部聡役は山谷初男さん、編集局員の角田大吾役は酒井敏也さん、滝信也役はモロ師岡です。

また、会長の横手喜和子役は大楠道代さん、カメラマンの猿渡匠役は柏原崇さん、冤罪で拘留中の真鍋敏彦役は真田広之さんでした。

どの出演者もこの『タブロイド』に欠かせない個性を持っていて、ひとりの人間としての姿をフィルムに焼き付けています。

存在感が大きく、まるで現実にいるかのような錯覚もありました。

ドラマ『タブロイド』のスタッフ

『タブロイド』は豪華な出演者で話題になったドラマですが、実はスタッフに支えられることで完成したと言えます。

脚本は大ヒットドラマを数多く手がけている井上由美子さんによるもので、脚本協力は大森美香さんでした。

プロデュースは山口雅俊さん、プロデュース補は塚田洋子さんと菊地裕幸さん、そして大森美香さんです。

演出は河毛俊作さんと石坂理江子さん、水田成英さんが行いました。

演出補は小林薫さんと佐々木詳太さん、遠藤光貴さんと洞功二さん、松山博昭さんと小島秋子さんです。

制作担当は中川和則さんと松本洋二さん、由利芳伸さんと網代奈緒美さん、巣立恭平さんです。

また、技術プロデュースは堀田満之さんで、録画は小田島健秀さんと山本米勝さん、音声は市村雅彦さんと山根剛さん、広岡豊さんと谷部剛さんでした。

更には、主題歌を手掛けたのは大人気アーティンストGLAYの「BE WITH YOU」でした。

この曲は15枚目のシングルとして発表され、オリコンのチャートで2週連続1位になるなどし、今でも高い人気のある曲です。

その人気の高さ故、今では複数のアルバムに収録されていて、多くの人々を魅了し続けています。

当初はボツになった曲とは思えない完成度で、聞いている人の心に訴えかける力があります。

『タブロイド』というドラマのまとめ

『タブロイド』は社会派のドラマで、恋愛ドラマとは一線を画す存在のドラマです。

主演の常盤貴子案を始め、佐藤浩市さんやともさかりえさんなど人気の俳優がドラマに彩りを与えています。

見ていると自然に引き込まれる魅力を持っていて、主題歌の「BE WITH YOU」はいまだに多くの人に愛される曲になりました。

それほどまでに『タブロイド』というドラマには、性別・世代を問わず魅せる力があったのでしょう。

残念ながらDVD化はしていないので、是非、動画で楽しみましょう。

当時を懐かしく見ることはもちろんですが、初めて見る人も楽しく見ることができる作品です。

ドラマの内容は時代を感じさせない見応えのある作品ですが、携帯電話などのアイテムが時代を感じさせるかもしれませんね。

今回ご紹介させていただいた『タブロイド』の動画が、今なら【FODプレミアム】で初回1ヶ月無料で見ることができるんですよ!

是非皆さんも、無料で楽しんでください。

私は一足先に楽しんじゃってます♪

※情報は2018年7月時点のものです。
現在は動画の配信が終了している場合やFODプレミアム対象外になってる場合もありますので、詳細は「FODプレミアム 公式ホームページ」にてご確認お願いします。


おすすめコンテンツ

FODプレミアムに入ったら後悔する?しない?

FODプレミアムの魅力、そしてdTV、NETFLIX、Hulu、U-NEXTとの比較等、VODにおけるお役立ち情報満載!

■LINK■